砂と蒼空
KSRを愛し、林道に恋する、そんなバイク乗りのブログ

やがて春は来る

ガソリン不足によりまともにツーリングできるような状況ではないので、こんな時こそ地元アピールということで、近場をちょっと回ってきました。


先週埼北組のツーリングで行こうかと思っていた青梅の梅。
いよいよ21日で梅まつりも終わってしまうので、その前にと思って出かけてみました。

まずはちょっとわかりずらいほど細い路地を入った先にある石割の梅。
「別名、悲恋の梅と云われている、岩を割って根付いた珍しい梅の古木。戦の中で芽生えた悲恋物語に由来しています。」とのこと。
11032001ishiwari1.jpg
11032002ishiwari2.jpg
ホントに石を割って生えてます。

続いてすぐ近くの大聖院へ移動
11032003daishoin.jpg
ここにある「親木の梅(おやきのうめ)」は梅郷の梅の始祖と云われ、金剛寺「将門誓いの梅」を根分けされたと伝えられている梅があります。
11032005oyagi.jpg
他にも梅がありますが、私は個人的に色の濃い梅が好きだったりします。
ホラ、シャアの色に近いし(^_^;)
11032004ume.jpg
で、こちらが「鎌倉の梅」
11032006kamakura.jpg
「鎌倉の梅は旧鎌倉街道の傍らにある樹齢約400年といわれる古木で、その名のとおり旧鎌倉街道ゆかりの梅です。」とのこと。
11032007kamakura2.jpg
すぐ近くに秩父と鎌倉を結ぶ鎌倉街道が通っていたということを初めて知りました(^_^;)

同庭園の梅
もう完全な満開ですね(^^)
11032008ume2.jpg
11032009ume3.jpg
そして青梅の観梅コースのメインとなる梅の公園です。
11032010kouen.jpg
この公園も含めてですが、今までのスポット全て近場までバイクで行くことができます。
多数のバイクだとちょっと困る場所もありますが、少数なら全然問題なし。
梅の公園は無料の駐輪場があるので、バイクやチャリで行くと便利です(駅から歩くのが一番良いかもしれないけど…)

ここからは言葉少なめに写真メインで…
この公園には色々な種類の梅が植えられていて、花びらや花弁の形の違いを比べるのも楽しいです。
11032011ume4.jpg
11032012ume5.jpg
山の斜面を利用して公園が作られているので、一番奥は山の頂上に上がる感じです。
11032013kouen2.jpg
お、これ色が濃い
11032014ume6.jpg
頂上からの眺め
順光で梅の木々をハッキリと見下ろすことができます。
11032015kouen3.jpg
ちょっと角度を変えて…
んー
後ろの山は御嶽山の奥にある大岳山かな…
11032016kouen4.jpg
梅の花って、花自体も小さいし、まとまって沢山咲くものでもないため、桜に比べてそれほど華やかではありませんが、それでもこれだけ梅が集まっていると、なかなか見応えがあります(^^)
11032017kouen5.jpg
そしてまた梅の花三連発
11032018ume7.jpg
11032019ume8.jpg
11032020ume9.jpg
ぐるっと回って降りてくると、梅に囲まれた橋があります。
光は逆光気味だけど、なかなかいい雰囲気でしょ?
11032021hashi.jpg
こんな感じでのんびり歩いて散策(山昇るからそこそこ運動にもなるね(^^))

梅の公園を後にしたら、最後はやっぱりココ
「青梅」の由来にもなった、前出の金剛寺「将門誓いの梅」
11032023kongouji.jpg
11032024yurai.jpg
震災から1週間
まだまだ予断を許さない状況ではありますが、この梅を見て思ったことがあります。
樹齢700年と言われる大聖院の「親木の梅」の大元になったほどの古木でも、新しい枝を延ばして、小さな花を付けていました。
それでも春はやってくる
11032025tsubomi.jpg
たくさんの悲しみを乗り越えて、一日も早い復興が成ることを祈っています。
関連記事


  1. 2011/03/20(日) 19:30:11|
  2. ツーリング KSR110|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

青梅というだけあって、色とりどりの素晴しい梅の花々ですね(^^)b
こんなに、良いところがあったとは!!

青梅の方だから、てっきり吉野梅郷かと思っていました( ̄◇ ̄;)
  1. 2011/03/20(日) 19:52:05 |
  2. URL |
  3. ツバキッキ #cf96iucI
  4. [ 編集]

>ツバキッキさん
梅郷は梅郷なんですよ。
梅郷って昔から梅の栽培をやってる地域でして、けっこう広いんです。
特にこの季節はここいらを初め、青梅の至る所に梅が咲き、春の訪れを感じることができます。
一言で梅と言っても、色々な種類があるんですよね(^^)
  1. 2011/03/20(日) 23:33:24 |
  2. URL |
  3. わた #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://osk.blog11.fc2.com/tb.php/612-cdb230c5
 ∥HOME