砂と蒼空
KSRを愛し、林道に恋する、そんなバイク乗りのブログ

モトプラ 伊那ツーリング 1日目

さすがに夜中2時まで呑んでいると翌日の朝は辛いもので…
それでも頑張って7時に起きて準備を開始しました。
僕ってエライ?(^_^;)
「モトプラ 伊那ツーリング 1日目」です。


みんなも準備してます。
しこたま呑んだ人間には少々辛い状況でしたが…(^^ゞ
11050301asa.jpg
昨日は仕事だったので、今朝出発した白君。
場所がわからないし、高速も使わないと言うので、到着するのは集合時間の8時を大幅に過ぎるだろうと思っていたのですが、7時半ぐらいになってセローのエンジン音が聞こえ、県道に白君らしきライダーがキョロキョロしているのが見えたと思ったら、予想に反して時間内に無事合流することができました。
スゴイじゃん(゜o゜;
11050302shirokun.jpg
無事全員が揃ったところで、ちょっと時間が押してしまいましたが出発です(私がのんびりしてたという話が…(^^ゞ)

まずは樽尾沢キャンプ場のあるもみじ湖から林道中樽線(舗装)で萱野高原入口の分岐へ。
11050303mineyama.jpg
ここから以前ツバキッキさんと一緒に抜けた林道峯山線のダートへ。
この峰山線、以前はかなり荒れていた印象があったのですが、意外と人が入っているようで、走りやすかったです。
鉄塔手前の道へ。
チェーンゲートがあったのですが、もう用を成していない状況でした。
11050304mineyama2.jpg
こちら側も以前は薮がうるさかったのですが、道の落石も綺麗になっていたし、きちんとした完抜林道として整備されている印象ですね。
特に問題もなくR152に抜け、高遠方面へ。
11050305ido.jpg
高遠町北原地区から左手へ。
11050306nanashi.jpg
途中2つの獣避けのネットとフェンスを抜けてダートへ。
11050307nanashi2.jpg
これ多分名無しの林道でしょうが、なかなか走り応えのあるダートです。
どこに抜けるのかなぁと思っていたら、アレ?ここって…
町道高峰線だ!!
11050308takaminesen.jpg
ほぇ~
こんなところに抜けてるんだ!
良い道教えてもらったなぁ~(^^)

しばし休憩の後町道高峰線を南下。
11050309takaminesen2.jpg
そのまま林道鍛冶村線に入ってさらに南下。
すると下りのダートでゴムに乗っちゃったHeroさんが危うくダイブしそうな勢いで転倒
11050310kajimura.jpg
↑ちなみに白君のバイクに付いてる棒は白君が気に入った棒

ゆったんさんのバイクからギアを引きずるような異音がしたのでちょっと休憩(スプロケに石が噛んだだけだったみたい)
お気に入りの棒をバックにポーズを決める白君
11050311shirokun.jpg
再出発してすぐに鍛冶村線を退出
11050312kajimura2.jpg
時間的に昼が近かったので(といっても早い時間に昼を取ろうとしていたので、実際には11時前でしたが…)、あらかじめチェックしていた伊那のお店に向かいます(本当は今年こそ玉龍飯店に行ってソースカツ丼を食べたかったのですが、信じられないことに閉店したという噂が…思い出のお店だったのになぁ…。゚(゚´Д`゚)゚。)
11050313ina.jpg
向かった先は伊那にあって駒ヶ根ソースカツ丼を食べられるお店「たけだ」へ。
11050314takeda.jpg
開店時間が11時半だったのでしばし待っていると、お店の方が気をつかってくれて、ちょっと早めに店に入れてくれました。
これがメニュー
11050315menu.jpg
まぁ私は普通に200gのお得を注文。
みんな腹が減っていたのか、白君とかは250gのジャンボを注文。

左がお得、右がジャンボ
11050316sourcekatsu.jpg
つか、このカツの厚み!
お得で十分すごいのに、その上のジャンボはまたスゴイですねぇ(^^)
そして1口食べた時のインパクト!
う、美味い…(゚Д゚ )ウモォー
秩父の東大門もそうですが、やっぱり肉屋のカツに間違いはない!
この脂身がまた甘くて美味いんですわ。
ソースカツ丼は駒ヶ根かと思ってましたが、伊那のソースカツ丼も侮れない実力でした。
ホント、美味かった~~~(゚∀゚*)

ついでにお土産の馬刺しの香味焼きを購入する白君
11050317loasthorse.jpg
みんな満腹になったら、駒ヶ根まで南下して、今まで私が入り口を見つけられなかった林道陣馬形線入り口へ。
11050318jinbagata.jpg
この林道も極上ダートですね。
左右に蛇行するルートを気持良く走り抜け、途中にあるあずまやで小休止。
11050319azumaya.jpg
今日は黄砂がかなり飛来しており、天気も曇りだったので景色はイマイチですが、快晴の時ならば絶景を望むことができそうです。
11050320chuoalps.jpg
再出発してしばらく走ると、中組陣馬形線の分岐があるので、そちらへ左折。
11050321chuso.jpg
少し荒れたダートを走ると、下から上ってきている舗装路(黒牛折草線?)に合流。
そのまま舗装路を上ると、見覚えのある陣馬形山への分岐となり、1年ぶりに陣馬形山へ来ることができました。
11050322jinbagata.jpg
折角ここまで来たのだから、私と白君で山頂に向けて軽登山。
そして
昨年感動したあの風景と再会!
11050323sancho.jpg
・・・・・・
まぁ言いたいことはわかりますよ。
えぇ、ホントに…
それでも俺たちはまた来たんだぜ
ってことで、白君喜びのジャンプ!
11050324shirokun.jpg
こんな感じで、1年ぶりに来た陣馬形山に浮かれていたのですが、楽しかったのはここまで。
今回のツーリング、いや、最近のツーリングで最強最悪なアクシデントが待っていたのでした。

陣馬形山から黒牛折草線を折草峠方面へ下る道は、途中まで綺麗な舗装路になっています。
11050325kuroushi.jpg
みんないいペースで下っていったので、私も同じように普通に走っていました。
ふと見ると道路の真中に落ち葉の堆積物。
条件反射のようにそれを避けようとクリッピングポイントを奥に取ろうとアウト側にラインを選んだら…
予想以上にきついコーナー
予想以上乗ってしまったスピード
アウトに膨らむバイク
ヤバイ!
アウト側に見えた深い側溝
ヤバイ!見ちまった!!
見なければよかったのに…
深い側溝にビビらなければ注目することもなかったのに…
側溝脇の10cm程度のコンクリート上を走るバイク
ヤ、ヤバイ…
だ、ダメだ…
そう思った瞬間、ガッ!と…










気付けば右肘に激痛が…
左手親指も痛い…
とりあえず他は大丈夫らしい(転倒時にセルフチェックをする癖が付いてる…)

バイクは?

それよりカメラは?カメラ…
転がってるじゃん!
ちゃんと蓋を閉めないで走っていたので、中からカメラが飛び出していました。
ヤバイって!
すぐに傷や程度を確認
針葉樹の落ち葉が付いているけど、スイッチは入るし傷もない模様。
どうやらその針葉樹の落ち葉がクッションになったようでした。
良かった~ε-(´∀`*)ホッ

ようやくバイクに目を移すと…

なんじゃこりゃ~~~Σ(゚△゚;)
11050326crush.jpg
ありえない風景…
こんなかっこうにならないよね、普通…

すると折草峠方面から1台の車が…
この光景を見て驚かない人がいるわけない!
運転手のおじさんも超絶ビックリな顔で
「(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?」
いや、どう見ても大丈夫じゃないでしょ
とは言わず、仲間もいることなので、大丈夫ですと返答。
とにかく人に頼ってる場合じゃない。
まずはひっくり返ったバイクを起こして、側溝の向こう側でスタンドをかけ、ギアをニュートラルへ。
とりあえず心配だったフォークは大丈夫みたい。
でも…
先日買ったばかりのGPS(OREGON450)がない!
マウントを固定していたタイラップが切れて、マウントごとすっ飛んだようで、側溝の中に転がっていました。
こっちはカメラと違って男前な傷が…
ただ電源は入ったままになっていたので、内部に異常はない模様。
ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
よくよく見たら、なんかハンドル曲がってね?
というか、角度がおかしいでしょ!
どうも握っていた力が強くて、側溝に落ちた瞬間、下に押し下げてしまったようです。
クラッチレバーも根本の穴から折れてるじゃん…
まぁちょっと引っかかるけど、ギアチェンジはなんとかできそう。
ということは…
なんとか自走できそうだな…ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

無事自走できそうなことがわかったらちょっと広場に移動してエンジンを始動。
無事エンジンがかかったので、バイクに跨って一段高くなっている側溝を垂直に越え、ようやくコースに復帰。
よ~くバイクをチェックしたところ、側溝に落ちたことで前輪に体重が乗り、その体重がハンドルの角度を変えたみたい。
さらにそのハンドルが側溝のコンクリートに引っかかったのか、一気にバイクが前転し、私は道路に投げ出された…
こんな状況だったようですね。
ただ、これだけの大クラッシュの割に、バイクのダメージはクラッチレバーが折れただけ(素人目に見てね…)
ハンドルの角度がおかしくなったのは叩いて戻したし…
けっこう頑丈でした。
まぁ私は右肘をえぐられ、ウェアは内外ともビリビリ状態。
右の親指は突き指したような感覚。
やっちまったよ…_| ̄|○

そうこうしているとなかなか来ない私を心配して、みんなが戻ってきてくれました。
なぁ白君、このタイミングでそのポーズはないと思うぞ(つか、この状況で写真撮ってる俺の方がないかも…)
11050327recover.jpg
Heroさんとたぬきさんが折れたクラッチレバーの応急修理や、角度のおかしなハンドルやミラーを直してくれたおかげで、なんとか走れる状態になりました(みんな(TдT) アリガトウ)

小雨も降り出したので、そのまま帰ろうという話になったのですが、でもここまで来て高森山線を走らないのは勿体無い。
黒牛折草線を下ったところ、なんとか行けそうだったので、帰り道の方向でもあることから、四徳治山運搬道を抜けて高森山線を行くことを提案。
それじゃあってことで、まずは四徳治山運搬道へ。
11050328yontoku.jpg
大きな振動はきついけど、ペースを落として走ればなんとか走れるなぁ…
いつもペースの遅い私ですが、さすがに今回はそれ以上に遅いペースで四徳治山運搬道を走破。
続いて高森山線へ。
11050329takamoriyama.jpg
快晴なら絶景のこの林道も、黄砂と小雨と怪我では楽しむこともできず…
途中で止まることもなく一気に退出(私が極端に遅いもんだから、待ちくたびれてるみんなの図(^_^;))
11050330bunkou.jpg
さらに折角なのでということで、ゼロ磁場で有名なパワースポット分杭峠(ぶんぐいとうげと読むらしい。ぶんこうとうげと読んでた(^_^;))の先から左へ。
最初は林道名もわからなかったが、ここが最終的に長谷高遠線の起点だか終点になるらしい。

比較的新しめな長谷高遠線
11050331hasetakatou.jpg
この先には現在も掘削作業中の工事現場に到達します。
つか、ここの工事現場は普通の林道の比じゃないね。
すんごい規模でした。さすが広域基幹林道だわ( ゚Д゚)ヒョエー
11050332hasetakatou2.jpg
来た道を少し戻って長坂線で退出。
R152を少し走ったあとは、左手の馬坂線へ。
11050333umakoshi.jpg
途中から美和湖が綺麗に見えました。
11050334miwako.jpg
馬坂線は長谷高遠線にぶつかって終了。
11050335hasetakatou2.jpg
とりあえず先ほどの工事現場へと繋がる長谷高遠線の掘削最前線へ移動。
11050336hasetakatouend.jpg
うーん
ログを見ると未開通の区間は直接距離で1.3km程度ですね。
等高線に沿って掘削するとして、その3倍の4km程度で開通するのかな…
意外と近いうちに開通しそうなんですね(^^)
Uターンしてさっきの馬坂線の分岐に戻り、そのまま長谷高遠線を北上。
11050337hasetakatou3.jpg
今までは降ったり止んだり、それも小雨程度でしたが、ここへ来て雨も本降りに。
さすがにこの雨じゃ防滴加工のカメラでも危険なので、バックにきちんとしまって走ることに専念したのですが、これ以上転倒するわけにもいかず、左手の親指に力が入らないのでクラッチミートがうまくできなかったり、右肘が振動で服とこすれると痛むし、さらに雨というコンディション。
元々林道でスピードは出せませんが、それよりも超遅い25kmが限界。
みんなはガンガン行ってしまったので、どんどん距離が開いてしまい、最終的には20分以上待たせちゃったのかな?
ホント遅くてスミマセン。

しかし無事に今日の林道ノルマはクリア。
11050338hasetakatouend2.jpg
ここからは舗装路でベースキャンプに移動し、18時すぎに到着しました。

恐る恐る腕をまくると…
ズル剥けの傷が…(゚Д゚;∬アワワ・・・
11050342kizu.jpg
とりあえず準備をして、全員で温泉&買出しに出発。

向かった温泉は「ながたの湯
11050339nagatanoyu.jpg
あれ?この温泉見たことあるなぁと思ったら、以前ツバキッキさんとキャンプした時に行った温泉でした。
あの時も極楽気分を味わった温泉でしたが、料金も500円と安いし、ぬるぬるした感覚が気持ちの良い温泉で、最高のお湯でした。
傷口を洗うためにお湯をかけた時は激痛に震えましたが…(^_^;)

帰り道に西友で買出し。
ただし食材は昨日Heroさんが買ってきてくれたバーベキュー食材がまだ大量に残っていたため、翌日の朝飯と今夜の酒だけね(^_^;)

もみじ湖に向かう途中にあった水場で湧き水をゲット
11050340mizu.jpg
ベースキャンプに戻ったらバーベキューの準備をゆったんさん達に任せて、私は傷の治療を開始。
白君の持ってた救急セットの中に消毒用アルコールのスプレーがあったので、それをシュッと一吹きしてもらったら…
ウギャーーーーーー!!!!!
と、つい声を出しちゃいました…
だって、これすげー激痛なんよ。マジで。
いつもの仕返しを白君にやられた感じ。
思い切りぶん殴ってやろうかと思ったほどの激痛でした。
(2回目のシュッてやるのに手が震えた(^^ゞ)

治療も済んだので宴会へ。
11050341enkai.jpg
もうね、呑んで忘れちまおう。
左手の親指も突き指だと思うけど、酒呑んでジンジンしたら骨か?でも折れてたら腫れるはずだし、その点は大丈夫そうなんで…やっぱ突き指ってことで(^_^;)
いてーとか、さみーとか、うめーとか、ねみーとか、なんかそんな感じの宴会でした。
でも楽しいんだよね。みんなと呑むの。
ゆったんさんから、私のおかげでみんなとこうして楽しい時間を過ごせてありがとうなんてお礼言われたりして…
すんごい嬉しかった(TдT) アリガトウ
いや、そう言ってくれる仲間が回りにいて、私の方こそ幸せです。ありがとう。
そしてこうして企画と進行をしてくれたTRACさんにこそ、特にお礼を言いたいです。
今回最後だもんね。
色々あった日でしたが、ホントに色々あった日でしたが、明日も頑張って走りましょう。
(つ∀-)オヤスミー
関連記事


  1. 2011/05/03(火) 23:37:54|
  2. ツーリング CRF100F|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

  

コメント

うわお、ひっくり返ってる!!
骨にダメージがなさそうですが、肘ズルムケじゃないですかTT
こういうのがめっちゃくちゃ痛いんですよねー、ご自愛ください^^;
  1. 2011/05/08(日) 02:55:46 |
  2. URL |
  3. どんぐり #-
  4. [ 編集]

掲示板に林道で転倒してケガをされたと書いてありましたが、こんな大事になっていたんですね。
秩父の転倒のトラウマの影響もあるのですかね?
レポを見るとあれだけのクラッシュをしたにもかかわらず翌日も走りに行ったんですね。自分なら萎えてしまう所ですが・・・
わたさんて凄い!!
とにかく人馬とも自走可能な程度で済んで良かったですね!
無理せずお怪我をお直し下さい。
  1. 2011/05/08(日) 12:06:59 |
  2. URL |
  3. かずきち #-
  4. [ 編集]

うう、ひとごととは思えない・・・
骨がいっちゃってなくて不幸中の幸いでした
どうぞお大事になさってください!

OREGONの液晶画面は無事でしたか?
  1. 2011/05/08(日) 12:57:10 |
  2. URL |
  3. mau #-
  4. [ 編集]

うぎゃ

こんな状態になるって!?
相当な衝撃だったんでしょうね・・・(・・;)

でも、大事に至らなくてホントよかった。

でも、十分に養生してくださいね~。
  1. 2011/05/09(月) 00:20:09 |
  2. URL |
  3. やまふじ #9DD8ZWDM
  4. [ 編集]

>どんぐりさん
マジでめっちゃ痛かったです。
消毒した時はホントに腕がプルプルしましたよ。
後で確認したら、肘のてっぺんの怪我、直径7mmで深さ3mmぐらいえぐられてました(゚Д゚;∬アワワ・・・

>かずきちさん
あの時のスリップダウンが確かに右コーナーのトラウマになってまして…
それを意識してリハビリのイメージであの道走ってたんです。
右コーナーに余裕がないので、ちょっとしたことにパニックになって危険回避できなかったのかもしれないです。
とりあえず私も擦り傷&突き指程度でしたし、バイクも自走可能だったので、翌日もきっちり走りにいきました。
なんか勿体無くて(^^ゞ

>mauさん
そうですよねぇ。
私も骨だったらヤバイと思ったんですよ。みんなに迷惑かかっちゃうし。
それでなくてもTRACさんの最後のツーリングを私のネタで締めくくるわけにもいかないので…
いや~、良かった~(^_^;)

OREGONの液晶は全然問題なかったです。
けっこう頑丈に作られてるみたいですね。
ただあのマウントはダメですね。絶対タイラップ切れるし。
TRACさんの使ってるGPSのマウントがいいんですよ。あれ使えないかなぁ…

>やまふじさん
バイクが前転って…(^_^;)
そんなエクストリームな走りしてるつもりはないんですけどね。
でも体以上にCRFが頑丈なのにビックリです。よくこんな状態になったのにあれだけのダメージで済んだなぁ…
  1. 2011/05/09(月) 01:24:51 |
  2. URL |
  3. わた #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://osk.blog11.fc2.com/tb.php/633-c9f92bb2
 ∥HOME