砂と蒼空
KSRを愛し、林道に恋する、そんなバイク乗りのブログ

福島遠征ツーリング 2日目

2日目は7時に起床。
さすがに22時に寝てれば起きられるか(^_^;)
今日はいよいよ福島の悪路をやっつけに行きますよ~
「福島遠征ツーリング 2日目」です。


夜中トイレに起きた時は霧で全く見えなかったけど…
朝も霧が残ってました。
11100901kiri.jpg
Wさんは予想外に速く着いた(1時頃)そうで、みんなと一緒に朝食。
11100902asa.jpg
今日は福島林道三大悪路と言われる(勝手にそう呼んでる?)、多々石、甲子、旧西部をやっつけに行きます。
まずは悪路で有名な多々石林道へ。
11100903r289.jpg
この林道、今は新しく作られた舗装林道によって入り口が変わってしまい、本線も各所で分断され、もう走れないのではないかと思っていましたが、辛うじてまだ2/3ぐらいは残っていたようです。
それでも全線に渡ってピンクの杭&リボンが設置されていたので、予算が下りたら順次改修されてしまう可能性大です。走りたい人はお早めに!(伝説になる前に…)

現在の入り口は新道の終点から斜面を下りたところからです。
ここって、昔はかなり進んだ場所だった気がするなぁ…
11100904tataishi.jpg
走り始めると、以前の多々石が帰ってきました。
名前の通り、石・石・石のオンパレード!
やっぱこうでなくちゃね!!
11100905tataishi2.jpg
しかもV字が深くなって、滑りやすい赤土。
そのトラップにハマった白君
11100907shirokun.jpg
ハマった白君…(^_^;)
11100908shirokun2.jpg
私にとっても、以前来た時はその激しさのために泣きが入るレベルでして、この林道は膝の靭帯を痛めたりした相性の良くない林道。
今回はCRFなので、セローの敵とばかりにいい気になってブイブイ進むと…




















落ちました…




















3mぐらい…




















下から見上げる構図はきっとないよね…
11100909ochita.jpg
下から「助けて~~~」とか叫んでみても応答なし。
やべっ!
マジ遭難か!?
ちょっと心を落ち着かせてから、生えている葦を数本ずつ束ねて掴み、なんとか土手の上へ。
しかし彼方にバイクは見えるものの、もっと先でハマったたぬきさんを助けに行っていて、誰もいない状態。
( ´゚д゚`)アチャー
人間は落ちたけど、CRFはギリギリセーフ(ミラーが引っ掛かったみたい)
11100910ochita2.jpg
落ちた時にちょっと腰を打ったみたいで、立ったものの力が入らなかったので、何回か叫んでなんとかみんなに来てもらいました。
申し訳ない…
11100911ochita3.jpg
つか、白君笑い過ぎだし…www

ガレて滑るラインを避けて、土手の上をいい気になって走ってたのがいけなかったみたいです。
多々石に見事やられちゃいました(´・ω・`)ショボーン

気を取り直してたぬきさんがハマった倒木エリアをクリア。
11100912touboku.jpg
以前来た時は両側が藪で足元のVゾーンしかラインがなかったのですが、今回は秋ということで藪も少なく、両側も刈り込んであるようで、路面に石はあったり確かに沢に落ちたものの、、それほど大変ではなかったです。
正直、以前来た時に比べてかなり優しい感じ。
まぁしばき道でシバかれているという経験が効いているのかもしれません。
11100913tataishi3.jpg
小休止
「こんなの余裕っスよ!」
という白君のどや顔
11100914tataishi4.jpg
それでも上の方は石というより岩のオンパレード。
というか岩畳だもんね…
11100915ishi.jpg
みんな頑張ります!
11100916tataishi5.jpg
11100917tataishi6.jpg
天気も上々!
11100918tataishi7.jpg
まだまだ続きます。
意外と長いな…
11100919tataishi8.jpg
11100920tataishi9.jpg
と思ったらCRFが寝てるし…(^_^;)
11100921neteru.jpg
ということでゴール!
あれ?
なんか予想より苦しくなかった!?
(とか言いながら落ちてるけど… (。・x・)ゝ)

とりあえず記念撮影。
11100922goal.jpg
で、帰りをどうしようかという話になった時、みんなも予想外に思ったらしく、来た道を帰ろうと…(;・∀・)ハッ?
以前なら多々石を下るなんて考えられなかったけどね(^_^;)
11100923return.jpg
来る時には気付かなかったけど…
紅葉がきれいでした(*^ー゜)b

下りの多々石は予想以上に簡単!
バランスだけ気を付けていれば、何も難しいことなく、下ることができます。
結局途中で休憩を挟むことなく、そのまま一気に下山してしまいました。
11100924return2.jpg
ついでに以前も通った、今は通る人もいない旧道へ。
11100925kyudou.jpg
確実に廃道化が進んでいました(道ドコー?o(・_・= ・_・)o キョロキョロ)
11100926kyudou2.jpg
R289に出たら東へ移動。
いよいよ前回最も相性の悪かった(途中でセローを捨てて帰りたくなったほど!)旧西部林道の入り口へ向かいます。
11100927ido.jpg
途中、昨日買い物をしたスーパーで昼食を購入。
(弁当激安!)
11100928lunch.jpg
スーパーのベンチでランチを済ませたら出発!
11100929lunch2.jpg
とここで、本日2回目のトラブル発生!
駐車場を出ようとしたところ、なんか後輪からガタンガタンという異音がする!?
タイヤを見るとペシャンコ!
潰れたタイヤの端がチェーンガードに当たって、ガタンガタンという音がしていたようです。
そういえば、昨日バイクを積み込む時も空気が入っていなくて、先日の山遊びの時に誰かが抜いてくれたのかなぁと思ってましたが…
もしかしてパンクだったとか!?
とりあえず空気を入れてみると、特に漏れている様子もなく、タイヤに異変もない。
いけそうかな?
ってことで、リスタート。
が、二俣温泉まで来ると、やっぱりペシャンコ…
抜けるのに時間はかかるものの、どうやら本気でパンクしたみたい…
まぁ時間がかかるってことは、空気を足しながらなら、走れるだろうし…残すは西部林道と甲子林道だけだから大丈夫でしょ(^_^;)

ということで、まずは奥西部林道で西部林道の分岐まで走ります。
11100930okuseibu.jpg
なかなか気持ちが良い林道です。
11100931okuseibu2.jpg
西部林道分岐点
11100932bunki.jpg
西部林道はいたってフラットな林道で、時々開ける風景が良かったです。
11100933seibu.jpg
かなりフラットな林道だったので、パンクしているのも忘れてついついスピードを出てしまい(空気圧が低い分、よく噛むんだわ)、白君と一緒に攻めてしまいました(^_^;)

途中で空気を入れて再スタート。
羽鳥スキー場へ続く舗装路へ出たら、その先に左側へ分岐している旧西部林道へ入ります。
11100934kyu.jpg
この林道、林道の杭に「西部林道終点」と書かれており、ゲートもないため、何も知らない人が西部林道を走ろうと羽鳥スキー場を目指して来たら、きっと勘違いすると思います。
というのもこの林道は旧西部林道で、今の西部林道は羽鳥スキー場の脇から続いているからです。
とはいえ、この林道も入って行けばわかりますが、まぁふつうの人なら諦めてUターンするレベル(初見でこの林道が抜けられるとは思えない)
こんな悪路に突撃しようなんて、頭のネジが緩んじゃってる証拠ですよね。
以前私はセロー&M605で行くも戻るもできなくなった苦い経験があり、2度と来ないと宣言した林道なのですが、今回の愛車はCRF&モトクロスタイヤ。
きっと!
昔ほど苦労せずに行けるはず!
そう覚悟して入りました。
実はGPSの地図に新西部林道の地図が描かれておらず、この林道が実は新西部林道なんじゃないかと勘違いしていたのはここだけの話(^_^;)

最初はふつうの路面。
で、だんだんと濡れてきて…
11100935kyu2.jpg
「沢」になると…
11100936kyu3.jpg
つか、普通なら引き返したいところ…
11100937kyu4.jpg
確かに酷い道ですが、昔のようにヌタヌタでもないし、軽いCRFはそれほど苦労せずに進むことができました。
11100938kyu5.jpg
とはいえ、路面は最悪だけどね…(^_^;)
11100939kyu6.jpg
以前はなかったトラップがやはりできてました。
1~2mはあろうかという落とし穴のような滝壺(刈り込んだ笹を入れてあるので深く見えないけど…)
11100940otoshiana.jpg
そのまま川を走ったんじゃ抜けられないため、横の藪をエクスカリバーで刈って道を作り、そこを抜けます。
しかし穴の深さはハンパなく、もし間違って倒れたら怪我は免れない状況。
さすがの白君も「俺戻っていいスか?」と弱音を吐く状況。
とはいえ、女の子のWさんも通り抜けて行ったのに、漢白君が行かないでどうする!
ということで頑張った白君。
11100941shirokun.jpg
いやぁ、マジすげーとこだわ…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さらに悪路は続きます。
50cmぐらいの段差を下ったり上がったり…
滑りやすい土の横が川になってたり…(Wさんが落ちたらしい)
白君がセローで橋を作ったり…
11100942shirokun2.jpg
とにかくメートル単位での進軍が続き…
なんとか西部林道に合流できたのは、3時間後の16:00でした。
11100943kansou.jpg
まぁ以前甲子林道を走った時はけっこう簡単に抜けられたし、悪路と言っても多々石林道や旧西部林道には及ばないはずなので、昨日と同じぐらいに帰れるかな。
今日は激しかったからまたビールが美味いぞ~(^o^)

ここが甲子・鎌房林道の分岐点。
11100945bunki.jpg
この入口を見る限り、甲子林道は躊躇するよねぇ、きっと。
時間も時間なので、チャッチャと行きましょうか(^o^)/

もう秋だというのに藪がかなり激しい中、玉石を見据えて走ります。これこれ、この玉石こそ甲子だよねぇ(^_^;)
11100946tamajyari.jpg
でも、なんか…!?
やっぱり以前より激しくなってる気がする…
以前は石か土だったはずが、かなり土が掘れてV字になってるし。
そのV字がまたツルツル滑るし。
藪がきつくてV字の上(土手)も走れないし。
んぐっ…
きつっ…( >Д<;)キッ キツイ・・・
11100947kashi.jpg
秋は陽が沈むのが速く、気付けば夕暮れ。
ヤバい…かも!?
暗くなると今度はラインが見えず、でかい石に乗り上げては転倒…
深い陥没に落ちては転倒…
11100948kashi2.jpg
ヤバイ!!
マジで!!

以前ならサクサク走れた甲子林道ですが、R289を見下ろす見晴らしポイントに辿り着いたのは17:30
1km程度の距離に1時間もかかったの!?

みんな笑顔ですが…もうヤケクソ?(^_^;)
11100949kashi3.jpg
完全に日が落ち…
完全な夜間戦。
11100950makkura.jpg
つか、普通の林道でさえ夜間戦は厳しいのに、よりにもよって三大悪路の1つ甲子林道で夜間に突入するなんて…ヽ(;´Д`)ノ
もうみんな体力も限界(倒れたバイクを起こすだけでヘトヘト
11100951mienai.jpg
白君、それ、お、俺のバイク…
11100952shirokun.jpg
大量にかいた汗でメットもシャツも全部ぐっしょりだし…
買い込んできた水分も切れつつあり…
非常用に持ってたチョコにみんな飛び付く有様。
んー
こういうのを「遭難」って言うんじゃないだろうか…(^_^;)
まぁそれほど極限の状態だったのは確かです。

それでも一歩一歩、歩を進め(いや、まさにそれぐらいのスピードでしか進めない)、なんとか看板の場所に到達。
11100953kanban.jpg
もう少し…
もう少ししたらトラバースルートになるから、そうしたら…
もうこまめに写真を撮っているゆとりもなく、実際撮っても真っ暗で写らないし、黙々と消化するしかありません。
時々パンクタイヤから抜けた空気を補充するのも億劫なほど疲れ切っていました。
ようやく路面が普通の土に変わり、傾斜がなくなってトラバースルートに変わったのを確認できたら、そのままノンストップで峠に到着!
みんなが待ってた、感動のゴールの瞬間でした!( ;∀;)

記念撮影
つか、この林道をこんな時間(20:00)に走った人って、きっとそんなに多くないよね(^_^;)
11100954goal.jpg
もう逝っちゃってる白君の雄叫び!
11100955otakebi.jpg
あとは舗装林道を下ってR289を目指すだけ。
と、下っていったら…
最後の最後にエクスカリバーの活躍のチャンスが…
もういいよ…(-ω-;)
11100956last.jpg
途中道の駅しもごうでみんなが休憩している間、私は途中で空気を補充しながら幕営地を目指します。
すぐに抜けそうなんだけど、汗でぐっしょりになったウェアが外気で冷やされて震えが出てるし、えっちゃんも心配してるだろうし、きっと速く走った方がタイヤも遠心力でゴムが外周に向かって広がって、チューブの負担が和らぐはず!ってことで、急ぎました。
多分最高速www

結局みんなより先に幕営地に着くことができたので、濡れたウェアを着替えているとみんなも追って到着。
すでに時間は21時。
昨日の温泉は22時までだから…あと30分で入場が断られるかもしれないってことで、みんなウェアを着たまま車に分乗し、Heroさんの熱い走りで温泉へ。
11100957onsen.jpg
なんとかギリで入れた温泉は、これまた気持ち良かった~(*´д`*)
落ちた腰は痛いし、腕周りから肩までパンパンだし、足腰もパンパン。
これで風呂入れなかったら、寝るに寝れなかったね、きっと(^_^;)

昨日のスーパーはすでに閉まっているので、コンビニで必要最低限の食材等を買い込んで、夜はもちろん宴会です。
死線をくぐり抜けた(大袈裟w)仲間と呑む酒は格別ですね~(^_^;)
食べるのと呑むのに夢中になってて、つい写真撮り忘れちゃいました。
しかも、よくよく考えてみたら…
何時に寝たんだろ?(^_^;)
まぁ、それほど疲れ切っていたらしく、2時頃かな?に就寝。
いや~、マジ疲れた~(;´ρ`)チカレタヨ・・・

翌日は8時半頃起床。
すでにみんな起き出して、早い人は撤収準備にかかっていました。
11101001asa.jpg
私もパンとスープとコーヒーで朝食を済ませたら、2日間フルに楽しませてくれたCRFを積み込んで撤収作業開始。
天気が良かったので作業も捗って10時頃には全員撤収作業終了。
ということで、今回のツーリングはこれにて解散となりました。
本当にお疲れ様でした~\(^o^)/

白君はオール下道で自宅を目指し、私とたぬきさんとHeroさんは途中道の駅で買い物なんかをし、その間ゆきかぜさんとWさんは一気に高速へ。
三連休の最終日なので混むかと思ったのですが、予想外に高速が流れていて、途中久喜でHeroさんと別れ、私とたぬきさんは5時間程度で圏央道の青梅ICを退出。
結局5時間半ぐらいで帰ってくることができました。
これぐらい速かったらいいなぁ(祝日ということで、高速代は\1250+\750だったし)

それにしても甲子林道の荒れっぷりと言ったらハンパなかったですね。
甲子トンネルが開通して廃道化が進んでいることは予想していましたが、マジでヤバかった…
以前は簡単に抜けられたので、ちょっと舐めてましたが、今回走った林道の中で最強だったことは間違いありません。
多々石林道は手が入って消滅するかもしれませんが、甲子林道は逆に手が入らないで自然に還る感じです(旧西部はすでにそうなってる気が…)
悪路好きなネジの緩んじゃってる人なら、きっと行きたいって言うんでしょうねぇ…(私は当分いいや。お腹いっぱい(^_^;))

次の宴会&ツーリングプランは(毎年恒例となりつつある)12月の韮崎の予定?。
もし一緒に走りたいという奇特な方がいましたら…
連絡下さい。
ただ夜は冷えますよ~(氷点下の中で宴会です(^_^;))
関連記事


  1. 2011/10/09(日) 23:36:23|
  2. ツーリング CRF100F|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

  

コメント

ぶひゃひゃひゃひゃw

毎度昼飯を吹き出すほどネタが多いですね~w

もう、立派な曲乗りならぬ曲落ちライダーですねw
  1. 2011/10/14(金) 12:21:10 |
  2. URL |
  3. シロンα #-
  4. [ 編集]

楽しそうっすねえ。
トランポ手放しちゃったんで、自走で韮崎参戦しようかなぁ。。。w
  1. 2011/10/14(金) 20:14:49 |
  2. URL |
  3. Hits #-
  4. [ 編集]

>シロンちゃん
落ちることにかけてはきっと誰にも負けない!
なんて自慢にもなりゃしない(^_^;)
しかし毎回可哀想な目に遭ってるCRFだったりします(^_^;)

>Hitsさん
めちゃくちゃ楽しかったですよ~(^o^)/
良ければ韮崎行きましょう(^^)
  1. 2011/10/14(金) 23:23:43 |
  2. URL |
  3. わた #mQop/nM.
  4. [ 編集]

見上げる光景とは・・・

笑い話で済んで(いるハズ)よかったすね~。

それにしても夜間行軍とは恐るべし( ̄▽ ̄;

  1. 2011/10/15(土) 23:07:14 |
  2. URL |
  3. やまふじ #9DD8ZWDM
  4. [ 編集]

>やまふじさん
完っ全に小川まで落ちましたからねぇ(^_^;)
あんなに深い場所があるとは思ってなかっただけに、落ちてみてびっくりでした(^_^;)
反対側の崖とかじゃなくて良かった~(^_^;)
  1. 2011/10/15(土) 23:54:15 |
  2. URL |
  3. わた #mQop/nM.
  4. [ 編集]

なんつーか、スゲー所はしったんですねー!!
しかも3m落下とは…さすがわたさん元気で何より^^;
  1. 2011/10/16(日) 00:46:47 |
  2. URL |
  3. どんぐり #-
  4. [ 編集]

>どんぐりさん
まさかこんなに盛り沢山だとは思ってなくて…
ネタ満載のツーリングでした(^_^;)
でも数日間は腰が痛かったです(;`∀´)
  1. 2011/10/16(日) 18:40:25 |
  2. URL |
  3. わた #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://osk.blog11.fc2.com/tb.php/692-3363fb24
 ∥HOME