砂と蒼空
KSRを愛し、林道に恋する、そんなバイク乗りのブログ

夜間撮影

3/26(月)の夕暮れ時、ちょっとした天体ショーがありました。
帰りがけに見上げた空に浮かぶ、木星、月、金星。
これは是非撮っておかねばと思い、広場で三脚に固定したK-7で撮影してみました。
まぁ夜間撮影のセオリーとか全然しらない素人が、試しに撮ったらこんなになった…という感じで(^_^;)


時間は19時前後
まずは1枚目
絞り値F5.6、シャッター速度0.3秒、ISO感度1600
12032601f56_iso1000_03s.jpg
2枚目
絞り値F9、シャッター速度0.5秒、ISO感度1600
12032602f9_iso1600_05s.jpg
3枚目
絞り値F9、シャッター速度1秒、ISO感度800
12032603f9_iso800_1s.jpg
4枚目
絞り値F40、シャッター速度15秒、ISO感度800
12032604f40_iso800_15s.jpg
5枚目
絞り値F40、シャッター速度30秒、ISO感度800
12032605f40_iso800_30s.jpg
うーん
やっぱ難しいねぇ…(^_^;)

本気で星を撮る人達って、どのくらいの設定値なんだろうね…
絞りF9、ISO100~200、で、ここから設定される速度で撮る、みたいなことを書いてる人もいたんだけど、それを知ったのはこの写真を撮った翌日。
もし知ってたらISOを下げて撮ったんだけどなぁ…
ISO800だと30秒開けておくと光り輝いちゃって…(^_^;)
以前の電飾写真とかはキラキラさせたかったからそれでも良かったんだけど、星が輝きすぎるのもねぇ…
でも30秒開けておくと、星が流れちゃって線になるね(5枚目の写真、微妙に星が線になってる)

て、ことでまたチャレンジしてみます。

PS
昔使ってたK100Dは夜景とか30秒開放で撮ると数枚でバッテリー切れになったけど、K-7は40枚ぐらい撮っても全然大丈夫でした( ´∀`)bグッ!
関連記事


  1. 2012/03/28(水) 23:14:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

去年、月食を撮った時はF6.3~11、シャッタースピードが1/160~1/125秒位でした
自分は絞り優先モードで一番明るい部分のシャッタースピードを測定して、そこから1~2段速いシャッタースピードをマニュアルモードて使ってます
金星も結構明るいので、少し抑え目の方が良いと思います

後は、AEBを使って枚数を撮るかですねぇ
  1. 2012/03/29(木) 20:56:42 |
  2. URL |
  3. ある #SFo5/nok
  4. [ 編集]

>あるさん
なるほど~
つか、AEB初耳です。
そんな機能あったかな…
ってマニュアルを見直してみたら、オートブラケット機能ってのがそれみたい。
ちょっと星向きではないですが、K-7には露出アンダーと普通とオーバーで撮った画像を合成するHDR機能ってのがあって、それ使うとかなり綺麗に夜景が撮れるみたいです。
まだまだ知らないことがいっぱいで…
色々試してみたいです(^^)
  1. 2012/03/30(金) 00:16:09 |
  2. URL |
  3. わた #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://osk.blog11.fc2.com/tb.php/745-368dab75
 ∥HOME