砂と蒼空
KSRを愛し、林道に恋する、そんなバイク乗りのブログ

松井田周辺林道ツーリング 1日目

連休は林道へ行こう!

なんて、最近はほとんどそんな雰囲気ですが、やはり今月の連休も林道へ行ってきました。
今回のターゲットは松井田周辺。
以前も倉渕村ツーリングと称して何回か行っているエリアですが、最後に訪れたのが2009/4/19なので、すでに3年半の時間が経過。
以前走った道は今!?
「松井田周辺林道ツーリング 1日目」です。
※以前の倉渕村は現在高崎市倉渕町になっています。
なんと!
今知ったけど…
前回2009/4/19に訪れた時にはすでに倉渕町だった!!(ツーリングの名称間違ってるじゃん!)


今回の参加者は私、たぬきさん、あるさん、ゆきかぜさんとそのお友達の方3名。
1日目は私とゆきかぜさんのみ前泊、あるさんとI兄弟(弟)さんは当日朝から参加ということで、えっちゃんの準備が済んだ後午前0時前に自宅を出発。
さすがに下道だと3時間コースなので、ちょっとリッチに圏央道、関越道、上信越道と高速を使ってワープ。
実際車は走っていたものの特に混雑もなく(時間的に当然か…(^_^;))、信じられないことに1時間で松井田妙義ICを退出して近くのコンビニに到着。
いや~、すげー近いな、ここ(^_^;)

幕営地に選んだ道の駅みょうぎにはすでに0時前に到着していたゆきかぜさんが待っていてくれたので、素早くベースキャンプを設営して1:30過ぎ頃からとりあえずの乾杯(^_^;)
12091501kanpai.jpg
明日は8時半集合なので、軽く呑んで寝酒にするつもりが、呑み始めたらなんだか調子が出てきちゃって(^_^;)、結局3時半まで宴会、4時就寝というハードなスケジュールになっちゃいました(^_^;)

それでも朝は7時に起床(つか、直射日光が超暑くて寝てられなかった)
ボケ~としながらパンを食べ、コーヒーで目が覚めたかなって頃になってあるさんとI兄弟(弟)さんが到着。
このI兄弟(弟)さん、バイクはCRM250ですが、先日ゆきかぜさんやHeroさん達が23時間耐久福島林道ツー(笑)で、甲子林道から遭難ギリギリの状態で朝幕営地に戻り、さすがにみんながダウンしているのに一睡もしないで福島から自走で帰ったという超ツワモノ!!
今回はすでにツルツルになったD603での参戦。
あそこ上れるかな…( ̄ー ̄)ニヤリ

ちょっと遅くなったけど(のんべぇ2人の準備に時間がかかった)いよいよ出発。
まずは昨日も寄ったコンビニでドリンクと昼食を購入。
12091502konbini.jpg
今回のルートですが、前回TRACさんがツーリング本番を前に色々巡ったログデータを元にして、まずは回ってみることにします。

中川林道樽尾支線から入り、しばらく走ると中川林道本線のゲートに到着。
12091503gate.jpg
ここのゲート、以前も堅くて走るのを諦めた覚えがありますが、以前にも増して堅くなっている(脇もでかい石が川まで並べてある)ようなので、今回は完全にパス。

ゲートを避けて回り込み、しばらくいい気になってw走っていると、突然20cmぐらいの石がライン上に出現!
こりゃ間に合わないと思って、果敢に突っ込んだところ、一気に道を外れて1mぐらい左に横っ飛び!
たまたま草むらで何もなかったから良かったけど…
すげー、怖かった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ちょっと停まった時に指摘されたんだけど…
わレンズが折れた!?
12091504oreta.jpg
ここ折れちゃダメじゃん!
ビニールテープで応急処置をしてもらってツーリング続行です( ´∀`)bグッ!
12091505naoshita.jpg
とりあえず以前も走ったルートで霧積ダム方面へ一旦下山。
12091506rindou.jpg
ちょっと天気がイマイチ…
渇水のせいか、ダムの水も全然少なかったです。
12091507kiritsumi.jpg
休憩の後にダム湖畔から奥に伸びる林道へ。
けっこう車が入っているのか、踏み固められた路面がとても走り易かったです。

「行き止まりまでのピストンなので、先頭走っていいですよ~」
なんてゆきかぜさんに先頭を走ってもらったら、TRACさんのログが途絶えた場所を超えて、さらに奥までズンズン行った様子(^_^;)
というか、奥まで道あったんだ!?(全然記憶にない)

土のうが置いてあるのでそれを超えて行くわけですが、手前にも土盛りがしてあるので、ちょっとタイミングをはずすと…
こうなって
12091508donou1.jpg
おわっ!と
12091509donou2.jpg
ああ~ってなって
12091510donou3.jpg
やっちゃった、と…(^_^;)
12091511donou4.jpg
このルート、以前はきちんと整備されていたのか、コンクリ舗装がされていたりして、もしや?という期待を抱かせてくれます。
が、そこは半廃道。
斜度もきついし、路面も荒れ荒れ。
I兄弟(弟)さんの山なしD603だとさすがにふかふかの土は厳しいようで、かなり難儀してました(それでも上がって行くんだからすごい)
12091513nobori2.jpg
いよいよI兄弟(弟)さんがハマりだした頃、先頭のゆきかぜさんが戻ってきて、ここで探索は終了。
けっこう上ってきたから、もしかしたら尾根を超えられるのかと思っちゃいましたが、激しい崩落を超えるのはかなり困難なので、ここで行き止まりです(逆に言えば、その崩落をマンパワーで頑張れば、超えられるのか!?)
12091514ikidomari.jpg
上りも大変だったけど、下りもまた大変。
ズルズル行くし、わだちに足を取られるし。
予想外のシバキに一同ぐったりしながら、林道脇の木陰でランチタイム。
12091516lunch2.jpg
今日のランチ(呑み過ぎか食欲がない)
12091515lunch.jpg
と、ここでアクシデントが発覚。
あるさんが下山時に工具を拾ったので確認したところ、I兄弟(弟)さんが落としたものだということが判明。
しかも工具だけでなく、ボディペーパーとスペアチューブも落としたとのこと。
幸いかなり使い込んだチューブにボディペーパーなので、今日の捜索は諦めて、明日捜索することになりました。

さて
次は前回もけっこう苦労した道。
とりあえず林道を退出して、山の斜面を上っていきます。
12091517nobori.jpg
ダーっと最初の直線を上ったら、突然の深いわだちにみんな戸惑ったようです。
実際バイク立つしw
12091518umoreta.jpg
それでもこんなのは序の口。
さらに上っていくと、柏木線を2~3倍ぐらいに伸ばしたようなガレガレ&ヘアピン登攀が出現。
12091519shibaki.jpg
I兄弟(弟)さん、思い切りでかい石&プラチューブでハマってました。
これぞ「シバキ道」!
12091520shibaki2.jpg
あまりの激しさに(?)、ゆきかぜさんのスタンドが緩んだらしく、名物の野良メンテ。
12091521nora.jpg
なんだかんだとけっこう苦労しながら、ようやくT字路に合流ι(´Д`υ)アツィー
12091522nuketa.jpg
ちょっと怪しいルートを抜けて中川林道樽尾支線に合流し、そのまま地蔵峠方面へ。

途中某あたっく隊の某特攻隊長(?)が鎖骨を折ったという、通称鎖骨ヒルを覗いてみると…
以前より激しさが増していました(つか、こりゃ無理だろ…┐(´д`)┌ )
12091523hill.jpg
途中で道路整備の作業員と遭遇するも、普通に通してくれたので会釈して通過。

ちょっと怪しい雲が出てきたね…
12091524rindou.jpg
地蔵峠線の分岐を地蔵峠方面へ。
(地蔵峠三沢増田川林道のゲートが鉄壁なのは以前から知ってるし)
12091525ichinose.jpg
と、今度は別の会社が整備しているらしい工事現場に到着。
トラックで道が塞がれていたので、ゆきかぜさんがパンチパーマの怖そうなおっさんに声をかけ、辛うじて通してもらいました(本当は通行止めなんだけどな、とか言われたそうです…(((( ;゚д゚)))アワワワワ)

地蔵峠付近には伐採した木材が大量に積まれ、搬出を待っているような状態。
工事現場の例のおっさんが言った通り、珍しく地蔵峠のゲートも完全オープンでした。
12091526jizou.jpg
12091527open.jpg
榛名山(ちょっと雲が…)
12091528haruna.jpg
地蔵峠を北側に下り、怪しい支線を探索
12091529tansaku.jpg
しかしなんだここ?
迷路か!?ってぐらいに支線が大量に分岐。
さすがに全部調べて回るほど時間がないので、最も長そうなルートを選んで奥へ。
もうちょっとで道に繋がりそう…ってところで行き止まりの支線。
うーん、残念…(´・ω・`)
12091530tansaku2.jpg
暑さに耐えかねてダイブ
12091531dive.jpg
別の支線
こちらは地図を辿ると最後には確実に道に抜けられそうなルート。
TRACさんも途中まで行ったものの引き返していたわけですが、行ってみてその理由がわかりました。
微妙に道はあるものの、自然か故意か、倒木や丸太で完全に塞がれていました(´・ω・`)
12091532michi.jpg
もちろん三丸大平線も走行
12091533mitsumaru.jpg
この三丸大平線は沢沿いの林道で、全体的に直線なラインが多く、一部荒れているものの、快適に走ることができました。
12091534mitsumaru2.jpg
そしてここからが山場。
前回走れなかった林道(支線)の先がどうなっているのか確認したく、まぁピストンだろうという予想から、またしてもゆきかぜさんに
「ピストンだから先頭どぞ( ´∀`)つ」
ってお願いしたら、行き止まりにぶつかる気配もなくズンズン高度を上げ始めます。
12091535shibaki.jpg
行けども行けども突き当たる気配がない。
それどころか、他のルートから上がろうかと思っていたルートに確実に近付いて行く。
ま、まさか…
そう思った途端、抜けたかったルートに合流!!
地図が繋がった瞬間でした(≧ο≦)人(≧V≦)ノバンザーイ
12091536tsunagatta.jpg
ふかふかの土を上がると…
12091537fukafuka.jpg
フラワーゲートのお出迎え
そして
見知った林道に戻ることができました。

おお~
楽しいな、ここヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

さらにどうせ降りるならダートが良いってことで、なぜかシバキで下山(あんたも好きねぇ)
12091538gezan.jpg
しかし山のないD603にとって、シバキの下りは命懸け
I兄弟(弟)さん、何回もズルっといって冷や汗をかいたようです。
12091539koketa.jpg
で、霧積湖で本日の林道ツーは終了。
12091541kiritsumi.jpg
いや~、シバかれた~~~(;´ρ`)チカレタヨ・・・
これがその成果(?)
12091540magatta.jpg
ゆきかぜさんが絶妙な角度に治してくれて事なきを得ましたが…(^_^;)

帰りがけにR18のスタンドで給油してベースキャンプに帰還。

着替えをしようとオフパンツを脱いだところ、記憶にない出欠が左足に…
オフパンやプロテクターにまで血が付いているところを見ると、けっこう出欠したようです。
だけどこんなところをぶつけた記憶もないし。
とりあえず傷を洗おうと思い、ウェットティッシュで拭き取ると…
なんだこれ?
丸く2mmぐらいの穴…
12091543hiru.jpg
まさか…(゚A゚;)ゴクリ

ネットで調べたら、やっぱりヒルだったみたい…((;゚Д゚)ガクガクブルブル
まぁ2日ぐらいで凝血したから、それほど酷くないんだけどね…

I兄弟(弟)さんはここでタイムアップ。
これから自走で自宅に帰り、明日は家族サービスだそうです(^^)
お疲れ様でした~(^^)/~~~
12091544kikan.jpg
残ったメンバーでまずは松井田のAコープへ。
明日の朝食とか今日の補助食とか、もちろん酒とかを購入し、一旦ベースキャンプに買った荷物を置いてから、700m先(!)にある、妙義ふれあいプラザもみじの湯へ移動。
この温泉、8時で閉館となってしまいますが、料金は500円だし、まぁ閉館間際の時間のせいもあるかもしれないけど、けっこう空いていて、とても良かったです(^_^;)

ベースキャンプに戻ったら、いよいよ待望の宴会タイム!!
本日のメインはあるさんがひつじやで買ってきてくれた塩ホルモン2kgとカシラ1kg(2日分)!!
12091546horumon.jpg
早速あるさん持参の網焼き器で焼いていただきます(ピント合ってない…)
12091547shiro.jpg
普通の鉄板だと油が落ちないのでしつこくなっちゃいますが、この網焼きなら余計な油が落ちて、シロの旨みだけを味わうことができます。
(´ー`* )))) あ~ん♪
至福の時…
昼間にえっちゃんが道の駅で買ってきてくれた朝とれの新鮮野菜も激ウマ!
特にトマトは100円や150円という金額とは思えないほどの美味さ!!
(こんな美味いトマトは食べたことがないってほど美味かった)
ホルモンも直売所の野菜も高級な食材じゃないけど…
好きな林道を思いっ切り走って、気の合う仲間と酒を交わし、激ウマの料理に舌鼓を打つ
なんて…
贅沢やわぁ~~~(^^)

夜も更けてきた頃には、寝不足がたたって失神。
紙コップ乗せられおもちゃにされてるし(全然記憶なし)
12091548down.jpg
こんな感じで0:30頃には床につきました。
(つ∀-)オヤスミー
関連記事


  1. 2012/09/15(土) 23:11:57|
  2. ツーリング CRF100F|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://osk.blog11.fc2.com/tb.php/785-81bc0299
 ∥HOME